株式投資

【日経225ミニ1枚】’20年8月28(金)【アベノショック】

【日経225ミニ初心者】’20年8月28(金)【アベノショック】-1

安倍首相退陣速報で「アベノショック」走る!

きょうのトレードは午前中におわり、午後はリビングでTVをみていた。

14時9分に突然「安倍首相の退陣」のニュース速報が入った。

反射的にスマホを手にとり、いつもトレードに使用しているSBI証券のアプリ「HYPER 先物・OP」を立ち上げた。

 

日経225nimiのチャート目盛りが250円幅!

 

【日経225ミニ初心者】’20年8月28(金)【アベノショック】-1

1分足のチャートを見る。

いつもは10円から25円単位でみている縦軸の目盛りが250円単位になっている。

14時7分に23,300円あたりから下降をはじめてすでに2分経っている。

いままさに、23,000円あたりをグングン下げている。

1分で100円から250円のペースで下がっている。

いつもは10円の上昇にじりじりしているのが、信じられない勢いで下がっていく。

すぐ売りをかければ間に合うはずだが、いま何が起こっているかを信じらない。

注文画面を出してみたものの、どこまで落ちるか、もう反転するのではないか、売りエントリーをためらう。

そのうち、22,555円まで落ちたところで陽線が出る。

反転だ!と思うが、またすぐ落ち始める気がしてなかなか乗れない。

時間軸は違うが、コロナの株価の16,000円台までの下落のときと同じだ。

コロナと同じようなチャートの形状が頭に浮かび、ここから買いだと思う。

が、エントリーをためらう。

そうこうしているうちに、23,000円をわずかにオーバーしたのち22,700円あたりまで再び下げて、引けには22,900円あたりで落ち着く。

想定した動きではあったが、うまくエントリーできなかった。

ストップを気にせず、とにかくまず成行売りでエントリー、反転とみたら成行で利確

そして、すぐまたドテン買いエントリー。その後の上下をとっていく

情けないが、そんな機敏な動きはできなかった。

次回、同じような状況があったらできるようになりたいものだ。

 

「アベノショック」日経平均株価チャート

【日経225ミニ初心者】’20年8月28(金)【アベノショック】-3

日経平均はこのようになった。

 

【日経225ミニ初心者】’20年8月28(金)【アベノショック】-2

sekai-kabuka.comではこうなった。

 

【日経225ミニ初心者】’20年8月28(金)【アベノショック】-3

なお、その日の日経225mini夜間取引は22,945円で引けた。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

あわせて読みたい記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です