株式投資

【日経225ミニ1枚】経済指標好感米3指数上昇【デイトレ修行】

トレードできる日は寄り付きから2時間ほど日経平均先物miniを1枚でトレードしています。

2020年7月1日(水)日経225mini 9月限

昨晩も3指数とも続伸。

ダウは前日の終値をはさんで上下しながらも、引けにかけて大きく上昇して終えた。217円高。ナスダック、S&P500も1%以上の上昇。

半導体関連のほか、エネルギー、IT、ヘルスケアが上昇。

6月消費者信頼感指数は前月85.9、予想91.8のところ、98.1とこれを上回ったため好感された。

パウエル議長議会証言は想定より早い経済回復を認めつつも、景気の先行きについては「著しく不透明」と慎重な姿勢を示した。

ムニューシン財務長官は新たな追加支援策を7月中に成立させたいとした。

第2四半期で見ると、ダウは17.77%高と1987年以来の、S&P500は19.95%高と1998年以来の、ナスダックは30.63%と1999年以来のいずれも大幅高だった。

VIX30.43下落、米10年債利回り0.657上昇

ドル円は107円台後半で円安傾向。消費者信頼感指数を好感してドルが買われた。

本日のトレード方針

先物の前日終値は22,235円。日中高値は22,425円、安値は22,210円。

夜間終値は22,310円。夜間高値は22,360円、安値は22,145円。

8時40分の気配は22,335円。

米3指数高を好感して小高く始まりそうだが、積極的に買い上がる材料には欠ける。強もちあいが予想される。

それでも25,000円くらいまではあるか。戻り売りには注意。

今夜はISM製造業景況指数、あすは米雇用統計、金曜は独立記念日振替で米国市場休場。様子見ムードに注意。

8時50分の日銀短観、10時35分の中国製造業PMIは要チェック。

香港国家安全維持法案は今日から施行される見込み。これに対し米国では香港自治法案が成立見込み。米国の反応には警戒。

CMEダウ先物の値動きには注意。7時からは上昇中。

動きをよくみてエントリーする。朝一番の動きに乗り遅れずついていくことを意識する。

もちあいになりそうなので早めの利確とする。

指標は一目均衡表、パラボリック、MACDを見ていく。

本日のトレード結果

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前1

22,300円に5分足の雲の上限がある。雲は厚め。

8時45分、22,310円で1分足の雲にかかってよりつく。動きは少ない。

9時までは25円幅の小動き。

9時から9時3分までは、雲の中を上下に振れる様子を見ながら待つ。

9時3分、陽線が立ち上がったと同時に22,315円で買いエントリー。ストップは50円みて22,265円に置く。

下には22,300円に5分足の雲があること、1分足の雲の上に出そうな動き、22,500円くらいまではありとの勝手な思い込みから

本来は8時50分の日銀短観の結果を確認してからとおもったが、見ていたサイトが15分遅れのため確認をしなかった。

日銀短観の製造業の結果は予想よりも悪かった。

昨日、朝一の動きに乗り遅れ、もちあい相場を見ているだけになったので、きょうはすぐ動きに乗ろうとあせった。

ちゃんと陽線が雲の上まで出るのを確認すべきだったが、結局長い上ヒゲをつけた小陽線となった。

「頭と尻尾はくれてやる」、の頭をとりに行ってしまった。

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前2

次の足は十字線となりその後は雲の下に降りていってしまう。

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前3

その後22,260円で折り返して22,330円まで上昇するが、ふたたび下降。

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前4

再度22,330円まで戻すが、そこで利確せず見送る。

その後は1分足の雲の下で推移することになる。

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前5

11時すぎには雲から下に降りていく。

11時半、前引けと同時に一段下に落ちて22,200円を割る。

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前6

すこし戻してくるか、と見えたが、

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前7

14時まえに22,100円まで落ちてきてしまう。

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前8

そこからは22,005円をつけながら15時15分22,090円で日中の取引きを終えた。

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前9

8時45分から15時15分までの値動きを15分足でみるとこうなった。

結局、朝からずるずると下がる一方だったことになる。完全なよみちがい。

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前10

引き続き、16時半からの夜間とりひきで上昇を待つことに。

夜間とりひきは22,140円とすこし上げてスタートした。

今夜はADP雇用統計、ISM製造業景況指数の発表がある。

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前11

18時45分には22,065円まで100円近く落ちてしまう。

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前12

さらに20時すぎには22,000円をすんなり割ってしまう。

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前13

20時45分、21,950円をつけたあとは再び上昇をはじめる。

21時15分すぎ、ADP雇用統計発表後に上昇の勢いを増していく。

6月は予想300万人に対して236万人と弱かったが、5月の-276万人を306万人へと大幅に上方修正したことを好感したようだ。

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前14

22時前には22,100円を超え、22時45分には22,200円にタッチした。

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前15

23時発表のISM製造業景況指数が予想49.9に対して52.6となったのを好感して大陽線が立ち上がる。

その後につけた22,240円が夜間の高値となった。

 

【日経225mini】経済指標を好感、米3指数上昇、雇用統計前16

15分足の8時15分から翌朝5時30分までの動きは上記のとおり。夜間取引は5時30分22,205円で引けた。

結局、22,315円で買いポジションを持ちこすことになった。

 

本日のトレード損益:ポジ持越し

日中取引終了時点(15時15分)-225円(x100円=-22,500円)(評価損)

夜間取引終了時点(5時30分)-110円(x100円=-11,000円)(評価損)

本日のトレード自己評価

1回目

強もちあいで上下をくりかえしながらも22,500円くらいまでは試しにいくのではとおもっていたが全く違った。

午前が終わった時点で、TOPIXは前日比-0.45%、-0.5%に満たなかったため残念ながら日銀ETF買いはなかった。

そのため、午後のリカバリーもなくずるずると落ちてしまった。

ここまで落ちると思わなかったため、いったんストップを遠くに逃がして待ってしまった。

結果、夜間取引でもプラスにはならずポジションは翌日のトレードに持ち越しとなった。

 

今日のメモ

 

・「頭はくれてやる」あわてず上下の動きを確認してからのエントリー

あせってエントリーしても逆に入ったら元も子もない。

1歩おくれてもしっかり見る。

そのうえで、1歩おくれてもしっかりエントリーする。

 

・ストップはけちらない、ストップは動かさない

通常のトレードができず塩漬け状態で待つしかなくなってしまう。

たとえ負けが続いていても、もったいなくても、スパッと切る。

いつか大きな痛手としてかえってくる。

 

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

あわせて読みたい記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です