株式投資

【日経225ミニ1枚】経済再開ムード日経4日続伸【デイトレ修行】

【日経225mini】日経4日続伸ダウ小幅安【1勝3敗-10円】

トレードできる日は寄り付きから2時間ほど日経平均先物miniを1枚でトレードしています。

2020年5月29日(金)日経225mini 6月限

昨晩のNY市場はコロナからの経済活動再開ムードでプラス圏で推移。

引けにかけてはトランプ大統領が本日中国への制裁に関する記者会見を開くとの発表をしたことから急速に下げマイナス圏に沈んだ。

本日の日経はNY市場の下げや中国に対する制裁への警戒感はあるものの海外勢の日本株買いは根強いのではないか。

トランプ大統領の記者会見は夜なので日中に急なニュースが入る心配はないだろう。

しかし4日続伸でプラス1500円上昇している日経は高値警戒感から利益確定売り、戻り待ち売りの圧力も強いだろう。

また、午後からは今夜のトランプ大統領記者会見や月末の週末を意識して売り圧力は強まるのではないか。

本日のトレード方針

先物の前日終値は22,025円。夜間終値は21,895円。8時半時点のCME日経先物は21,885円付近で下降中。

NYの下げもあり寄り後は利益確定売りが先行し軽く下げるだろうが、その後は買いが入り夜間高値22,105円をめざすか。

しかし、4日続伸、月末週末、トランプ氏記者会見への警戒感から昨日までのように22,000から積極的に上値を狙うまでには至らないだろう。

前引けから後場にかけては売りが出やすく、下値は昨日日中安値21,570円あたりまで下げることもあるかもしれないが、経済再開ムードから底堅いだろう。

本日のトレード結果

21,825円で寄り付く。

8時45分から9時までは大きな買いは入らずいつになく静か。

9時3分まえになると下げ始める。9時になると40円ほど下げる動き。

1回目

【日経225mini】日経4日続伸ダウ小幅安【1勝3敗-10円】1
21,820円まであげて21,805円まで戻ってきたので、下げに入るとみて21,795円まで下げたところで売りでエントリー。(チャートの縦ラインの位置)

1本前の陽線は上髭をつけたが次の足を形成中でまだ下落シグナルが出る前に思い込みで入ってしまう。

ストップは50円しっかりとった。

しかし、案の定、次の足で21,800円から21,825円まですっと陽線がたちあがる。

この動きにまずいと思い損失を最小限にしようとあわててストップを21,820円に下げロスカット。-30円。

そこであわてずそのままおいておけば10分後には20,775円までもどって微益で抜けることができた。

2回目

【日経225mini】日経4日続伸ダウ小幅安【1勝3敗-10円】2

その2分後、さきほどの損失をカバーしようと、こんどは上髭が2本続いたところで、まだ次の一手が陽線を形成中のうちに21,805円で売りでエントリー。(チャートの縦ラインの位置)

完全に拙速な判断。あと1本動きをみればわかったはずだが案の定上げはじめる。

21,835円まで上げて戻ってきて21,775円まできたが、そこで下髭2本続く。

次の1手で陽線が出た時点で売りに見切りをつけて利確していればよかった。

しかし、もうしばらく下げると期待し放置、結局21,855円のストップにかかってしまう。-50円。

そのまま1分足の雲抜けをねらって上げていく。

3回目

【日経225mini】日経4日続伸ダウ小幅安【1勝3敗-10円】5

無事雲を抜けたところで買いに勢いが出る。

急いで21,850円買いでエントリーしようとしたがもたつき21,885円まで上がってしまう。

いったん上昇がとまるようにみえたので降りてくるのを待つことにする。

しかし依然買いの力は強いと勝手に判断、1分足の雲の上限まで降りるのを待てず21,860円まで下げたところで買いでエントリー。(チャートの縦ラインの位置)

海外勢の買い意欲の強さが脳裏にうかぶが、ここは歩み値に動きが出るまでは待つべき。

その後、雲の上限からすこし降りた21,820円まで下げるがふたたび21,860円に戻す。

さあ、いよいよここから本格的に上昇、と期待したが、すとんと落ち、1分足の雲も貫いて21,720円まで落ちる。

60円みて21,800円においていたストップにかかる。-60円。

4回目

【日経225mini】日経4日続伸ダウ小幅安【1勝3敗-10円】4

買いがなかなか出てこない。10時15分すぎから下に動きが出て短い下髭の陰線のあと21,700円をつけ長い下髭を形成。

次の1手は長めの陽線、続いて短い陽線と2手つづいたあとすこし戻したところを21,735円買いで入る。(チャートの縦ラインの位置)

今度は反転をじっくりみて底から30円上で買いポジションがとれた。

そこからは戻りも30円くらいで順調に上げていき20分かけて21,800円1分足雲の上に出た。10時40分。

本日はすでに3敗なのでストップをトレールさせて21,740円まであげる。

 

【日経225mini】日経4日続伸ダウ小幅安【1勝3敗-10円】3

ここからは本日高値の21,885円から21,900円は必ず再トライするだろうとみて待つ。

10時50分には21,865円をつけその後21,850円で跳ね返され続ける。

 

【日経225mini】日経4日続伸ダウ小幅安【1勝3敗-10円】5

11時半前後に動きがでて21,880円をつける。

いつもは10時半までのトレードとしているが今日は途中で切り上げずに上値を追うことに。

 

【日経225mini】日経4日続伸ダウ小幅安【1勝3敗-10円】4

そこから21,850円までもどしながら、ようやく12時になって21,895円まで上昇。

毛抜き天井を形成しているように見えるので限界と判断、21,890円で決済指値を入れるが約定せず。すとんと21,855円までおちてしまう。

しばらくして少し戻したところを21,865円で利確した。(チャートの縦ラインの位置)+130円

このトレードでは21,900円までは買い上がるはずと目標到達を信じて待つことができた。

 

【日経225mini】日経4日続伸ダウ小幅安【1勝3敗-10円】6

その後株価は21,835円までさげたあと雲の下限で反転し12時34分には再び21,895円をつけた。

本日のトレード損益: 1勝3敗 -10円

・1回目 -30円

・2回目 -50円

・3回目 -60円

・4回目 +130円

Total.  -10円 (x100円= -1,000円)

本日のトレード自己評価

1回目、2回目は完全にフライング。サインをよく見ず、思い込みでエントリーしてしまった。

3回目は十分動きをみていたが、上昇するだろうという思い込みでエントリーしてしまった。

4回目は十分動きを確かめて底から30円上でエントリー、天井から30円下で決済できた。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

あわせて読みたい記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です