株式投資

【日経225ミニ1枚】日経先物22,000円台【デイトレ修行】

【日経225mini】ダウ続落、日経先物は夜間22,000円台に

トレードできる日は寄り付きから2時間ほど日経平均先物miniを1枚でトレードしています。

2020年6月11日(木)日経225mini 6月限

昨晩のダウは-282ドルの続落で終えた。FOMCの発表直後に一時プラス圏に浮上したがふたたびマイナス圏に。

出遅れていた景気敏感株にいったん利益確定を入れ、ハイテク株に投資する循環物色。

ナスダックは初めて終値ベースで10,000ポイントの大台にのせた。

FOMCでは経済先行きについては厳しさを示したが、量的緩和や実質0金利維持を2022年末まで継続すると示した。

これによりドル安がすすみドル円は一時106円台をつけた。

ロイターはきょうの日経平均を「弱もちあい」と想定している。

円高で上値は重いが明日のメジャーSQにむけて積みあがった売りポジションの買い戻しも予想され、大きなくずれはないとしている。

きょうの夕方には東京アラートの解除判断がある予定。

本日のトレード方針

先物の前日終値は23,015円。夜間終値は22,830円。夜間高値は23,050円、安値は22,740円。

7時時点のCME日経先物は22,890円

8時40分時点の気配は22,780円。

NYダウが昨日につづいて続落。円高もすすんでいるため22,000円台後半でもちあい相場になると思われる。

基本は下目線。

上値は節目の23,000。

雲の状況からは22,850円、22,950円もレジスタンスになりそう。

下値は昨日夜間の安値27,400円からさらに22,600円くらいまでみる必要があるか。

本日のトレード結果

【日経225mini】ダウ続落、日経先物は夜間22,000円台に1

8時45分、22,745円で寄り付く。

すこし戻したあとすぐに上昇。22,800円まで上げて9時まではゆっくりと降りてくる。

9時になるといったん22,740円まで下げるがすぐ下髭陽線が立ち上がり上昇に転じる。

日経は前日比で300円マイナスではじまったのですこし戻すとみていたが、9時2分からさっそく上昇。

反転がおもったほど早くぼんやりしているうちにエントリーが遅れてしまい40円ほど上昇してしまった。

朝一番の22,735円はサポートとなるとみていたので、この逆張りに乗れなかったのは残念。

いったん上がってしまい、その後は上値余地があまりないとみてエントリーを見送った。

そのまま1分足雲の下22,860円まで達したが、遅れてでもエントリーしていれば60円から80円とれていた。

じっくり見るのもいいが、朝一番でエントリーしなくてはいけないこともある。反省!

 

その後、雲を抜けたものの押し戻された。雲の上をヨコヨコ展開で停滞するものとみていたが、9時15分から小刻みにゆるゆると上げていく。

早い動きに素早く飛び乗るのはむずかしが、いつ反転しそうかわからないこの上げ方もなかなかうまく入れない。

 

【日経225mini】ダウ続落、日経先物は夜間22,000円台に2

15分足で見てみると雲の下にすこし入り込んだところ。

この雲の中をゴリゴリ抜けていくのはむずかしそうだ。

 

【日経225mini】ダウ続落、日経先物は夜間22,000円台に3

その後、22,925円をピークにして15分ほどヨコ展開。

上、下、どちらにブレークするか見守っていると、9時45分に買いが早くなり陽線がたちあがる。

しかし、15分足の雲の厚さを考えて買いエントリーを思いとどまる。

やはり、直後に売りが出て1分足の雲上限にむかって落ちていく。

 

【日経225mini】ダウ続落、日経先物は夜間22,000円台に4

1分足の雲に入ったあとは、すぐに上に抜けてそのまま上昇していく。

これも初期段階で買いで入ることができない。

22,925円、22,920円の直近の2つのピークをむすぶラインを抜けたので22,920円で買い注文。

しかしそのまま22,945円まで上昇してしまい、約定せず。

そのあとすこし下げるが、ふたたび上げる動きがあり、10時12分買いエントリー。(チャートの縦線の位置)

ストップは22,875円(40円)においた。

下げている途中に22,910円で拾ったかたちだが、そのまま雲の上限まで下げていく。

 

【日経225mini】ダウ続落、日経先物は夜間22,000円台に6

雲の上限でも反転せずそのまま雲の中に入っていき、ストップにかかる(-40円)。(チャートの縦線の位置)

通常は50円のストップをとっているが雲があったのでケチってしまった。

また、サポートラインとして22,855円(チャートの左下)があるのでそれを意識して60円から70円とっていればセーフであった。

 

【日経225mini】ダウ続落、日経先物は夜間22,000円台に5

その後はいったん22,915円にもどしたが結局はおちてくる。

 

【日経225mini】ダウ続落、日経先物は夜間22,000円台に8

きょう一日の値動きを15分足でみるとそ、その後は下降トレンドとなり引け前に22,455円をつけて22,525円で引けている。

午後からの大きな下げには明日のメジャーSQにからんだ売りが入ったという解説もあった。

きょうのトレードはどちらかと言えば下目線だったが、朝方の反転サインに素直に反応して上昇に乗れていれば利益にかえられたはず。

本日のトレード損益: 1敗 ー40円

・1回目 -40円

Total.  -40円 (x100円=-4,000円)

本日のトレード自己評価

1回目

15分足の雲の状況から上値余地はあまりなさそうと感じていたにもかかわらず買いでエントリーしてしまう。

直前に約定しなかった買い注文にこだわってしまった。

LONG脳になっていて、ピークから下げたポイントで買い下がってもふたたび上がっていくイメージが強かった。

10時半までに1トレードはしたい、という気持ちもあり無理にポジションをもってしまったかもしれない。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

 

あわせて読みたい記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です