株式投資

【日経225ミニ1枚】日経は久々の23千円台【デイトレ修行】

nikkei-futures-trading-20200814-5

トレードできる日は寄り付きから2時間ほど日経平均先物miniを1枚でトレードしています。

2020年8月14日(金)日経225mini 9月限

昨晩の米株はダウ、S&Pが反落。ダウは-80ドル-0.29%、S&Pは-0.20。

ナスダックは+0.27%の上昇。

追加経済対策の遅れを嫌気。シスコシステムズが11%下げたこともセンチメントを悪化させた。

新規失業保険申請件数は予想112万人に対して96万3千人とはじめて100万人を下まわった。

しかし、依然1,500万人以上が継続給付をうけていることもあり大きな動きはなかった。

欧州株FTSE、DAXは下落。

米10年債利回り0.722上昇、WTI原油42.24下落、金1,970ドル上昇、VIX22.13下落。

ドル円は106円台後半で円安方向。

本日のトレード方針

先物の前日終値は23,210円。日中高値は23,305円、安値は23,125円。

夜間終値は23,180円。夜間高値は23,285円、安値は23,165円。

8時40分の気配は23,255円。

ダウは下落。

日経は昨日半年ぶりの高値23,000円台回復。週末でもあり利益確定も出やすい。

23,000円前半のもちあい相場か。早めの利確をこころがける。

動きをよくみてエントリーする。朝一番の動きに乗り遅れずついていくことを意識する。

ストップは動かさない。

ダウ先物の動き、上海市場の動きには注意。米中関係のニュースにも注意。

本日はSQ算出日なので朝一の値動きに注意。

本日のトレード結果

nikkei-futures-trading-20200814-2

一目均衡表では23,200円あたりに雲がありサポートになりそうだが、上には雲はなし。

8時45分、23,270円で寄り付く。

8時48分、75円上昇して大陽線が立ち上がる。

9時に東証が寄り付くと、23,245円まで大きく下げ、下ヒゲ陽線となって反転。

小陽線がつづき、3手目の陽線を形成中に、反転上昇とみて23,295円買いエントリー。

ストップは直近安値の23,245円を避けて60円離して23,235円に置いた。

しかし、陽線にみえた反転3手目のローソク足は結局小陰線となり、そのあと陰線がつづいて23,240円まで下げる展開。

 

nikkei-futures-trading-20200814-3

23,240円からいったん23,280円まで持ち直して雲にむかう。

 

nikkei-futures-trading-20200814-4

1分足の雲に入るとすぐ下降をはじめた。

9時21分、23,220円までヒゲがのび23,235円のストップにかかりロスカット。(-60円)

 

nikkei-futures-trading-20200814-5

その後23,220円から反転上昇して23,260円までもどしてくる。

 

nikkei-futures-trading-20200814-6

10時まえに再度23,220円をつけて折り返すが、10時すぎから下降をはじめ23,205円をつけて本日安値を更新。

直後、朝からの動きから売り優勢とみて、22,200円を抜けて22,165円までを狙う動きと判断。

10時12分、陽線形成中にもかかわらず22,211円で売りエントリー。ストップを22,260円に置いた。

結局、エントリーしたポイントから大陽線が立ち上がり力強く反転。

十字線のあと最低でももう1手陰線を確認してからエントリーすべきだった

早くエントリーして利幅をとろうというあせり。きょう2回目。

 

nikkei-futures-trading-20200814-7

再び23,250円で折り返して23,205円まで2度もどすが23,205円は超えられない。

 

nikkei-futures-trading-20200814-8

ヒゲが23,205円に4度目のタッチをしたあと上昇をはじめる。

10時36分、雲まで達していったん戻したところで売りに見切りをつけ、23,235円指値で決済。(-25円)

ストップをおいた22,260円までぎりぎり待たず、早めに見切りをつけて損切り。

 

nikkei-futures-trading-20200814-9

その後、23,260円まで上昇。

 

nikkei-futures-trading-20200814-10

その後も23,300円に達することはなく日中取引は23,280円で引けた。

 

nikkei-futures-trading-20200814-11

夜間は一段さげて23,045円を安値に23,145円で今週の取引きを終えた。

 

本日のトレード損益: -84円

・1回目 -60円 (x100円=-6,000円)

・2回目 -24円 (x100円=-2,400円)

Total.  -84円 (x100円=-8,400円)

本日のトレード自己評価

1回目

9時3分までの動きをやりすごしたあと、朝一番の反転で反射的にエントリーしてしまった。

寄り付き直後の急上昇(SQがらみか)や上に雲がないことから、

午前は上目線、午後は下目線という勝手な思い込みがあった。

朝一の動きに乗り遅れることが多かったのでしっかりついていくことを意識はしていたが、

反転しただけであわてて買いエントリーしたのはミス。

もう1手、ローソク足が完成してからエントリーすべき。

乗り遅れないようにあせりが出た。

MACDやパラボリックもチェックする余裕がなかった。(売りサインだった)

2回目

きょうの安値ライン22,220円を突破した時点でローソク足は十字線だった。

様子をみるべきサイン。しかも、次のローソク足が陽線になろうとしているのに、かまわず売りエントリー。

利幅をとろうとあせった結果。もう1手見ていれば反転するのは明白だった。

おなじことをやっている。反省。

ただ、ストップまで待たずに見切りをつけ損切したのはよかった。

今日のメモ

 

・「頭と尻尾はくれてやる」

確認を怠ってあせってエントリーして2連敗。

早くエントリーしないと利幅がなくなってしまう。。。

そんなあせりからエントリー時の判断が甘くなってしまった。

あせる必要はない。チャンスはいくらでもある。

 

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

あわせて読みたい記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です